空想森林

编辑:运动网互动百科 时间:2019-11-14 00:46:50
编辑 锁定
同义词 想象Forest一般指空想森林
《空想森林》(曲名原文:空想フォレスト)原名《想象Forest》(曲名原文:想像フォレスト),是Jin自然之敌P)创作的一首VOCALOID原创歌曲,使用音库为IA,投稿到niconico动画上的时间为2012年2月1日8:53[1] 。这首歌在阳炎Project组曲中,是继《人造Enemy》、《目隐Code》、《阳炎Daze》和《Headphone Actor》之后的第五话,话标题为“视线交会的故事”(原文:目を合わせる话)。这首歌以小樱茉莉为中心,讲述了她之前与妈妈小樱紫苑一起隐居在森林中,以及后来与濑户幸助相遇的故事。2012年6月15日,《想象Forest》的PV在niconico动画上的播放数达到百万,成为继《阳炎Daze》之后Jin的第二首VOCALOID单曲,同时也是第一首以IA为音源的传说级(伝说入り)VOCALOID单曲。
中文名称
空想森林
外文名称
空想フォレスト
所属专辑
メカクシティデイズ
歌曲时长
4:18
发行时间
2012-2-1
歌曲原唱
IA
填    词
jin
谱    曲
jin
编    曲
jin
音乐风格
柔和
歌曲语言
日语
别    名
想象forest

目录

空想森林作品概要

编辑
《空想森林》(曲名原文:空想フォレスト)原名《想象Forest》(曲名原文:想像フォレスト),是Jin自然之敌P)创作的一首VOCALOID原创歌曲,使用音库为IA,投稿到niconico动画上的时间为2012年2月1日8:53[1]  。之后,Jin成为日本1st PLACE推出的IA Project的一员,开始专注于使用IA制作VOCALOID原创歌曲。
这首歌在阳炎Project组曲中,是继《人造Enemy》、《目隐Code》、《阳炎Daze》和《Headphone Actor》之后的第五话,话标题为“视线交会的故事”(原文:目を合わせる话)。这首歌以小樱茉莉为中心,讲述了她之前与妈妈小樱紫苑一起隐居在森林中,以及后来与濑户幸助相遇的故事。
在Jin的第一张同人专辑中,这首歌被改名为《妄想森林》(妄想フォレスト);2012年5月19日,Jin重新投稿了一个PV,并正式将这首歌更名为《空想Forest》(曲名原文:空想フォレスト)。
2012年6月15日,《想象Forest》的PV在niconico动画上的播放数达到百万,成为继《阳炎Daze》之后Jin的第二首VOCALOID单曲,同时也是第一首以IA为音源的传说级(伝说入り)VOCALOID单曲。

空想森林歌词

编辑

空想森林原文

夏风がノックする窓を开けてみると
  何処からか迷い込んだ鸟の声
読みかけの本を置き
  「何処から来たんだい」と笑う
  目隠ししたままの午後三时です。
世界は案外シンプルで
  复雑に怪奇した私なんて
  谁に理解もされないまま
街外れ、森の中、人目につかないこの家を
  访れる人などいない訳で。
目を合わせないで!
  固まった心、一人ぼっちで谛めて
  目に映った无机物に安堵する日々は
  物语の中でしか知らない世界に少し憧れる
  ことくらい许してくれますか?
淡々と流れ出した
  生まれてしまった理不尽でも
  案外人生なんで。私の中じゃ。
ねぇねぇ、突飞な未来を想像して
  膨らむ世界は今日か明日でも
  ノックしてくれないですか?
なんて妄想なんかして
  外を眺めていると
  突然に聴こえてきたのは喋り声
饮みかけのハーブティーを
  机中に撒き散らし
  「どうしよう・・・」と
  ドアの向こうを见つめました。
「目を合わせると石になってしまう」
  それは両亲に闻いたこと
  私の目もそうなっている様で
  物语の中なんかじゃいつも
  怖がられる役ばかりで。
  そんなこと知っている訳で。
トントン、と响きだした
  ノックの音は初めてで
  紧张なんてものじゃ足りないくらいで。
  ねぇねぇ、
  突飞な世界は想像しているよりも
  実に简単にドアを开けてしまうものでした。
目を塞ぎうずくまる姿にその人は惊いて
  「目を见ると石になってしまう」と言うと
  ただ笑った。
「仆だって石になってしまうと、怯えて暮らしてた
  でも世界はさ、案外怯えなくて良いんだよ?」
タンタン、と鸣り响いた
  心の奥に溢れてた
  想像は世界に少し鸣り出して
ねぇねぇ、突飞な未来を教えてくれた
  あなたがまた迷ったときは
ここで待っているから。
夏风が今日もまた
  あなたがくれた服の
  フードを少しだけ揺らしてみせた。

空想森林罗马音附

夏风がノックする natsu kaze ga nokku suru
窓を开けてみると mado wo ake temiruto
何処からか 迷い込んだ鸟の声 doko karaka mayoikon da tori no koe
読みかけの本を置き yomi kakeno hon wo oki
「どこから来たんだい」と笑う ( dokokara kita ndai ) to warau
目隠ししたままの 午後三时です mekakushi shitamamano gogo sanji desu
世界は案外シンプルで sekai wa angai shinpuru de
复雑に怪奇した 私なんて fukuzatsu ni kaiki shita watashi nante
谁に理解もされないまま dare ni rikai mosarenaimama
街外れ、森の中、人目につかないこの家を machi hazure , mori no naka , hitome nitsukanaikono ie wo
访れる人など居ない訳で。 otozure ru hito nado ina i wake de .
目を合わせないで! me wo awa senaide !
固まった心、一人ぼっちで谛めて katama tta kokoro , hitori bocchide akirame te
目に映った 无机物に meni utsutta mono ni
安堵する日々は ando suru hibi wa
物语の中でしか知らない monogatari no naka deshika shira nai
世界に少し憧れることくらい sekai ni sukoshi akogareru kotokurai
许してくれますか? yurushi tekuremasuka ?
淡々と流れ出した tantan to nagare dashi ta
生まれてしまった理不尽でも umare teshimatta rifujin demo
案外人生なんで。 angai jinsei nande .
私の中じゃ。 watashi no naka jya .
ねぇねぇ、突飞な未来を neenee , toppi na mirai wo
想像して膨らむ世界は souzou shite fukuramu sekai wa
今日か明日でも kyou ka ashita demo
ノックしてくれないですか? nokku shitekurenaidesuka ?
なんて妄想なんかして nante mousou nankashite
外を眺めていると soto wo nagame teiruto
突然に聴こえてきたのは喋り声 totsuzen ni kiko etekitanowaa shaberi koe
饮みかけのハーブティーを nomi kakeno ha^butei^ wo
机中に撒き散らし tsukue chyuuni maki chira shi
「どうしよう…」 ( doushiyou ...)
とドアの向こうを见つめました。 to doa no mukou wo mitsu memashita .
「目を合わせると石になってしまう」 ( me wo awa seruto ishi ninatteshimau )
それは両亲に闻いたこと sorewa ryoushin ni kii takoto
私の目もそうなっている様で watashi no me mosounatteiru you de
物语の中なんかじゃいつも monogatari no nakana nkajyaitsumo
怖がられる役ばかりで。 kowaga rareru yaku bakaride .
そんな事知ってる訳で。 sonna koto shitte ru wake de .
トントン、と响きだした tonton , to hibiki dashita
ノックの音は初めてで nokku no oto ha hajimete de
紧张なんてものじゃ kinchou nantemonoja
足りないくらいで。 tari naikuraide .
ねぇねぇ、突飞な世界は neenee , toppi na sekai wa
想像してるよりも souzou shiteruyorimo
実に简単にドアを jitsuni kantan ni doa wo
开けてしまうものでした。 ake teshimaumonodeshita .
目を塞ぎうずくまる姿に me wo fusagi uzukumaru sugata ni
その人は惊いて sono hito wa odoroi te
「目を见ると石になってしまう」 ( me wo miru to ishi ninatteshimau )
と言うとただ笑った to iu totada waratta
「仆だって石になってしまうと ( boku datte ishi ninatteshimauto
怯えて暮らしてた obie te kurashi teta
でも世界はさ、案外怯えなくて demo sekai wasa , angai obie nakute
良いんだよ?」 yoi ndayo ? )
タンタン、と鸣り响いた tantan , to nari hibii ta
心の奥に溢れてた kokoro no oku ni afure teta
想像は世界に少し鸣り出して souzou wa sekai ni sukoshi nari dashi te
ねぇねぇ、突飞な未来を neenee , toppi na mirai wo
教えてくれたあなたが oshie tekuretaanataga
また迷った时は mata mayotta toki wa
ここで待っているから。 kokode matte irukara .
夏风が今日もまた natsu kaze ga kyou momata
あなたがくれた服の anatagakureta fuku no
フードを少しだけ fu^do wo sukoshi dake
揺らしてみせた。 yura shitemiseta .
中文歌词
夏风敲著门
我试著打开了窗
从某处传来了 迷路的鸟儿的声音
放下手裏正在读的书
「你是从哪儿来的呢」
这样笑著说
我蒙著眼睛 这时正是下午三点
世界是如此地简单
复杂之事就被当作怪异
就像我这种
总是谁都不予理解
远离街道、森林之中
这个不引人注目的我的家
当然连一个来访问的人都不会有。
别让目光和别人相遇!
内心已然固化 独自一人呆著
日复一日 映入眼帘的都是没有生命的东西
只知道自己所在的这一片小天地
但对於外面的世界产生了一点点的憧憬
这种事情会被允许吗?
淡淡地 就这样流露而出
就算出生是毫无道理
这也是人生
在我的心中。
呐呐、让我们想像向前飞跃的未来
因此而膨胀充实的世界
今天或者明天都行
会不会来敲响我的房门呢?
进行著如此这般的妄想
在眺望著窗外的时候
突然听见了一个说话的声音
喝到一半的香草茶
打翻在了桌子上
「该怎麽办呢……」
这麽想著,我朝向门口呆呆地看著
「和人对上眼睛的话 别人会变成石头哦」
那是以前从爸爸妈妈那裏听说过的事情
我的眼睛好象也会那样的样子
但是每每在故事中提到时
净是些让人恐惧的角色
那种事……
我怎麽会知道!
「咚咚」地、响起来了
敲门的声音 还是第一次遇到
这种令人紧张的感觉
光说“紧张”根本无法表述
呐呐、突飞猛进的世界
比我的想像还要发展得更快
就那麽简单地
把门——
打开了
看见我把捂著眼睛蹲著的样子
那个人十分惊讶
「看到我的眼睛会变成石头的哦!」
听到这话他笑了
「我也曾经一直害怕会被变成石头
但是对於世界这种东西
其实不用去害怕
也没什麼关系的吧?」
铛铛地、传出了响声
从心底满满地溢出
想象被世界渐渐敲响
呐呐、突飞猛进的未来
是你所教会的我的
当我再次迷惘之时
你都会在这裏等著我呢
今天又是吹著夏风
穿著你给我的衣服
轻轻地摇了摇衣服的兜帽

  
参考资料
词条标签:
音乐作品 音乐 娱乐作品 单曲 动画 动漫